緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




製品仕様

HS301 製品仕様

HS302P 製品仕様

HS302P コネクタ各部の名称と働き

概要
製品名 HomeSeismo HS302P
特長 地震計内蔵 緊急地震速報受信端末
インターフェース 接点出力(C.Out)×3 接点出力詳細
電源出力DC5V 常時(DC5V)×1 電源出力DC5V詳細
電源出力DC12V 制御可(RLY)×1 電源出力DC12V詳細
スピーカ出力(SPK)×1 スピーカ出力詳細
Line音声出力(Line)×1 Line音声出力詳細
スイッチ(SW)×1 スイッチ詳細
外部表示 2色LED×2
制御CPU 主制御32bit CPU
システム設定方法 Webブラウザ経由
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 本体定格15W
待機時3.5W、最大7.0W(参考値)
外形寸法 236(W)×198(D)×33(H) mm (突起物含まず)
本体重量 1.04kg
保証期間 購入後1年間
今後、改良に伴い、特に外形寸法・本体重量が変更になる可能性があります。
LAN I/F(Network
接続形態 RJ-45 10BASE-T/100BASE-TX(自動MDI/MDI-X切替機能あり)
IP取得方法 IP固定・DHCP(IPv4)・自動取得(IPv6)のいずれか
動作環境
動作保証温度 0℃~40℃
動作保証湿度 20%~80%(相対湿度)ただし結露無き事
付属品
LANケーブル CAT5 ストレート結線 長さ3m
その他 インシュロック(押し込みタイプ)、取扱説明書(本書内に保証書)、平置き・壁掛け設置説明書、安全上のご注意、シリアルシール、ナベタッピングネジ×3、動作確認用スピーカ
  • ※ 無料添付している動作確認用スピーカは、サポート範囲ではありませんので、お問い合わせ等にはお答えできません。
環境対応
電子部品はすべて、RoHS対応品を使用しています。
電子部品実装工場では鉛フリー半田を使用し生産しています。
筐体ケース、梱包材、動作確認用スピーカ以外の同梱品は、すべてRoHS対応品を使用しています。
  • ※ 弊社のRoHS指令対応に関しては、各部材調達先からの対応状況の確認を受けての対応となります。
接点出力(C.Out)
出力端子 ネジ式端子台(端子ネジM3)
出力方式 C.Out1、C.Out2、C.Out3:PhotoMOSリレー a接点出力 (本機電源断の際は開放)
  • ※ PhotoMOSリレーはパナソニック電工株式会社の登録商標です。
備考 C.Out1、C.Out2、C.Out3:最大定格 DC45V 800mA(AC30V 550mA rms)
  • ※ 無極性・交流の場合、周波数は100Hz未満に限ります。
  • ※ 動作は「放送連動(放送が流れている間、接点が動作)」かワンショット(設定した出力時間、接点が動作)」を選択できます。
電源出力DC5V 常時(DC5V)
出力端子 ネジ式端子台(端子ネジM3)
備考 「OUT」表示側の端子の電圧が「GND」表示側の端子に対して、+5Vです。
本端子の最大出力電流は100mAで、自己復帰型ヒューズで保護しています。
本機内部の回路系の一部の電源と共通なので、本端子への接続機器の特性によっては、本機の動作に影響を与える場合が有りますのでご留意下さい。
  • ※ 本端子に、外部から電圧を印加しないでください。故障の原因になります。
電源出力DC12V 制御可(RLY)
出力端子 ネジ式端子台(端子ネジM3)
備考 「+12V」表示側の端子の電圧が「GND」表示側の端子に対して、+12Vです。
本端子の最大出力電流は500mAで、自己復帰型ヒューズで保護しています。
本機内部の回路系の一部の電源と共通なので、本端子への接続機器の特性によっては、本機の動作に影響を与える場合が有りますのでご留意下さい。
  • ※ 本端子に、外部から電圧を印加しないでください。故障の原因になります。
    電源遮断用接点出力(シングルステイブル型のリレー)を採用しています。
スピーカ出力(SPK)
出力端子 ネジ式端子台(端子ネジM3)
出力方式 BTL型、平衡出力(音声出力:最大 1W)
出力インピーダンス:8Ω以上
備考 SPKの両端子共、C.Outを除く如何なる本機の他の部分とも接続しないで下さい。
最大音量は、VOLつまみの設定にて変化します。
接続する機器の入力インピーダンスは8Ω以上の物を採用して下さい。
Line音声出力(Line)
出力端子 φ3.5ミニピンジャック(3極)
  • ※ 2極の物や、φ2.5mmのミニプラグは接続できません。
最大出力レベル 600Ω系において、0dBm相当
  • ※ 負荷のインピーダンスにより変化します。
出力方式 Line出力、非平衡(片側接地・・・アース・GND)
接続相手機器の
入力インピーダンス
600Ω以上(推奨)
端子部アサイン
パソコン用の電源付スピーカーユニットを繋いだ場合は、左右同一(同相信号)の出力です。
備考 本端子には、外部から電圧を印加しないでください。
本端子の最大出力レベルは、VOLつまみの設定によって変化しません。

このページのトップへ

HS302P コネクタ各部の名称と働き

HS302Pコネクタ画像

  1. VOL : 「7.SPK」へ接続したスピーカのボリュームです。左へ回すと音量は小さくなり、右へ回すと大きくなります。
  2. LAN : LANコネクタです。
    LANケーブルを差し込んで、HUBまたはルータなどのネットワーク機器に接続してください。
    LANコネクタLED(ランプ)の動作について
    接続状況 緑LED(左) 黄LED(右)
    100BASE-TX でリンクアップ 点灯 点灯
    10BASE-Tでリンクアップ 点灯 無灯
    • ※ 本機がLANで情報をやりとりする際、緑のLEDが点滅します。
    • ※ LANに繋いでも、このLEDが点灯しない場合には、本機の
      故障や接続相手機器の故障、もしくは接続ケーブルの断線
      などの不具合が危惧されます。
  3. COM : メンテナンス用コネクタです。通常使用しません。
  4. C.Out1、2、3(a接点) : 接点出力コネクタです。機械制御を行えます。
  5. DC5V : 電源出力DC5Vです。5Vで動く小さな機器を接続することができます。常時出力されています。
  6. RLY : リレーにより出力制御可能な電源出力DC12Vです。機械制御を行えます。
  7. SPK : スピーカ出力コネクタです。スピーカを接続することができます。ボリュームは「1.VOL」で調節してください。※
  8. Line : 音声ライン出力コネクタです。ヘッドホンや外付けアンプと接続することができます。ボリュームは放送機器側、もしくは「端末設定画面」より調節してください。
  9. SW :緑のスイッチです。 動作確認(試験放送)、再起動、メンテナンスモードで使用します。
    動作確認(試験放送)
    SWを1~2秒押すと、音声出力と接点出力の動作確認が行えます(ネットワークに接続されている必要はありません)
    内容は震度6弱、猶予時間10秒です。
    再起動
    SWをLinkMoni LEDが赤の速い点滅になるまで(約5秒)押し続けると、端末が再起動します。
    起動するまで電源を切るなどの操作は行わないでください。
    メンテナンスモード
    SWを押しながら端末を起動させると、メンテナンスモードになります。
    LinkMoni LEDは橙の速い点滅になり、端末のIPアドレスは192.168.1.20/24になります。
    解除する場合は端末を再起動させてください。
  • ※ 端子台を使用する場合は、本体下部のカバーをとめているローレットネジを手で外して、カバーを取りご使用ください。

このページのトップへ