緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




気象庁 緊急地震速報

HomeSeismo 緊急地震速報概要

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、気象庁の緊急地震速報(警報/予報)を受信し、地震が来ることをお知らせします。

緊急地震速報(予報)から、端末の設置場所情報を元に地震の到達時刻、震度を計算するので、ブロック単位で区分けする方式(緊急地震速報(警報))に比べてより精度の高い情報をお伝えします。

緊急地震速報(警報)及び(予報)について

また、緊急地震速報は一つの地震に対して複数回送信され、情報が更新されていきます。
情報が更新されると、ホームサイスモでお知らせする震度・猶予時間も更新されます(小さくなった予想震度を除く)。

  • ※ 設定した発報震度の閾値を越え発報が開始された後、震度が小さく変更され閾値を下回っても、発報震度を変更したり、発報を中断したりしません。
  • ※ 猶予時間が0秒以下でも、設定した発報震度の閾値を越えていれば、発報を行います。

このページのトップへ

発報設定

緊急地震速報(予報)
音声ガイダンス発報設定内容

ホームサイスモは、下記の3パターンのいづれかで動作することが可能です。

  • 緊急地震速報(警報)が発表されたタイミングで発報を開始し、緊急地震速報(予報)の詳細情報をお知らせする
  • お客様のご要望に合わせた詳細な緊急地震速報(予報)の発報条件設定で発報を開始し、緊急地震速報(予報)の詳細情報をお知らせする
  • 緊急地震速報(警報)もしくは緊急地震速報(予報)で設定した発報条件のどちらか早い方で発報を開始し、緊急地震速報(予報)の詳細情報をお知らせする
  • ※ 具体的な予測震度と猶予時間をお知らせしないガイダンスの選択も可能です。

このページのトップへ

音声ガイダンス

ホームサイスモがお知らせする情報は、緊急地震速報(予報)から計算した詳細な情報ですが、「高度利用者向けガイダンス(震度・猶予時間をお知らせ)」と「一般向けガイダンス(あいまい表現)」、「カウントダウンガイダンス」の3種類の音声ガイダンスが選択可能なため、「一般向けガイダンス(あいまい表現)」を選択すれば、集客施設等、利用者が緊急地震速報を十分理解していない環境でもご利用いただけます。
音声ガイダンス詳細

このページのトップへ

配信経路

緊急地震速報の配信経路は、(財)気象業務支援センター(気象庁) → HomeSeismoデータセンター → ホームサイスモ端末 です。

ホームサイスモ配信経路図

このページのトップへ

複数の地震発生時

ホームサイスモは、複数の地震の緊急地震速報を受信した場合、「最も大きく到達する地震の予測震度」と「最も早く到達する地震の猶予時間」をお伝えします。

これは、1つの地震の到達後に、もっと大きな地震が到達する場合、大きな地震に合わせた避難行動を取っている必要があると考えているためです。

一つの地震到達後は、「続いて地震が到達します」というアナウンスが流れ、後から到達する地震の通知を再開します。

このページのトップへ

緊急地震速報とは

緊急地震速報とは、地震観測網から得られた地震情報を即座に伝達し、住民の生命を守ることや社会経済に与える損害を軽減するための情報です。

地震波には伝播速度が速い「P波(初期微動)」と、伝播速度は遅いが大きな揺れを起こす振幅の大きい「S波(主要動)」があります。

先に届く小さな揺れ「P波」を気象庁の地震計が検知し、被害を起こす大きな揺れ「S波」が到着する前に緊急地震速報でお知らせします。


サイスモネットワーク」で上記動画のダウンロードができます。

このページのトップへ

直下地震(緊急地震速報)

直下地震の場合は緊急地震速報が間に合わないとされています。

サイスモネットワーク」で上記動画のダウンロードができます。

このページのトップへ