緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

緊急地震速報 試験放送ページ(ユーザページ)

ユーザページの「緊急地震速報 試験放送ページ」は、HomeSeismoデータセンターより端末に対して試験地震データを送信します。
震度や猶予時間を設定して、様々なパターンの避難訓練が可能です。
避難訓練
緊急地震速報試験放送の方法

試験放送ページ画面

  1. 緊急地震速報(警報)も送信するか
    緊急地震速報(警報)も送信するかを設定します。
    送信しない場合、緊急地震速報(予報)のみが送信されます。
    端末が緊急地震速報(警報)のみで動作する設定になっていた場合、緊急地震速報(警報)を送信しないと端末は動作しません。
  2. 予測震度
    送信する試験地震データの震度を設定します。
    端末で設定している発報震度より小さな震度で試験地震データを送信した場合は、放送は流れず接点出力も動作しません。
    ただし端末が緊急地震速報(警報)で動作する設定になっていて、「1.」の項目で緊急地震速報(警報)も送信していた場合は、予想震度に関わらず、緊急地震速報(警報)により発報が行われます。
    送信震度データ
    震度階級 1 震度1.0を送信
    震度階級 2 震度2.0を送信
    震度階級 3 震度3.0を送信
    震度階級 4 震度4.0を送信
    震度階級 5弱 震度4.7を送信
    震度階級 5強 震度5.2を送信
    震度階級 6弱 震度5.7を送信
    震度階級 6強 震度6.2を送信
    震度階級 7 震度6.7を送信
  3. 到達猶予時間
    約何秒の猶予時間があるかを設定します。
    到達猶予時間は目安です。チャイム音回数によってズレが生じますのでご了承ください。
  4. P波検知ガイダンスを付ける
    「P波検知ガイダンスを付ける」にチェックを入れて試験放送を行うと、緊急地震速報ガイダンスの前にP波検知ガイダンスが付きます。
    • ※ P波検知のガイダンスが流れるだけで、内蔵地震計によるP波検知の動作確認ではありません。
    • ※ 端末設定(P波検知機能の有効/無効、P波検知発報震度設定)は無視して、P波検知ガイダンスが付きます。
    • ※ 接点出力は緊急地震速報受信時の動作です。P波検知時の動作は行われません。
ユーザページの「試験放送」は、HomeSeismoデータセンターからデータが送られるので、HomeSeismoデータセンターと端末が通信できている必要があります。
端末単体で放送を行いたい場合は、「SW(緑のスイッチ)」を1~2秒押して動作確認(震度6弱、猶予時間10秒の試験放送)を行ってください。

ユーザページでできることインデックスへ

このページのトップへ