VoIP機器 LANdeVOICE




ソフトバンク社 ConnecTalk連携

SoftBank ConnecTalk

VoIP機器LANdeVOICEのSIP対応モデルを使用して、ソフトバンク社のクラウドPBX、ConnecTalkと連携することが可能です。
構内放送のソリューションが実現できます。

SIP電話機で構内放送

構成例

SP401-SIPにアンプを接続し、ConnecTalk経由で構内放送を行います。

SIP電話機から、構内放送の内線番号をダイヤルして、着信・応答したSP401-SIPの接点出力にて放送機器を起動し放送します。
SP401-SIPにインストールした放送開始音と放送終了音の再生もできます。

  • ※ 設定例は までお問合せください。

ConnecTalk:SIP電話機で校内放送構成例

対応機種

  • SP401-SIP(ConnecTalk認定ファームウェア:SP401-SIP Ver.1.10.0)

このページのトップへ

マイクで構内放送

構成例

SP401-SIPにページングマイク(※1)、アンプを接続し、ConnecTalk経由で構内放送を行います。

ページングマイクのプレストークボタン(TALKボタン)ONもしくはロックレバーON(推奨)で、アンプ接続しているSP401-SIPへ発信して、接点出力にて放送機器を起動し放送します。放送が終了したらプレストークボタンOFFもしくはロックレバーOFFで切断します。
SP401-SIPにインストールした放送開始音と放送終了音の再生もできます。

  • ※1 使用できるマイクは、機種によってページングマイク以外に、コンデンサマイクやダイナミックマイクが使用可能です。その場合、発信方法等は異なります。
  • ※ 設定例は までお問合せください。

ConnecTalk:マイクで校内放送構成例

対応機種

  • SP401-SIP(ConnecTalk認定ファームウェア:SP401-SIP Ver.1.10.0)

このページのトップへ

  • ※ SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。