VoIP機器 LANdeVOICE




SP401-SIP / LANdeVOICE4シリーズ

このページのトップへ

製品仕様

ポート各部の名称と働き

製品名 LANdeVOICE SP401-SIP
型番 LdV4-SP401-SIP
シリーズ LANdeVOICE4シリーズ
LAN 接続形態 RJ-45 10BASE-T ⁄ 100BASE-TX(MDI結線)
IP取得方法 固定IP ⁄ DHCP ※IPv4のみ
音声出力
(L.OUT)
ポート数 1
出力端子 3.5φミニジャック(3極、内2極使用)
出力レベル 最大0dBm
出力方式 LINE出力、平衡 ⁄ 非平衡
出力インピーダンス 600Ω
接続機器の
入力インピーダンス
(推奨)
600Ω以上
内部回路抜粋 音声出力内部回路抜粋画像
備考 パソコン用の電源付きスピーカユニットでは左右同一(同相信号)の音声が出力する
音声入力
(L.IN⁄MIC)
ポート数 1
入力端子 3.5φミニジャック(3極)
入力レベル LINE入力定格:約0dBm相当
入力方式 3方式切り替え(LINE入力、コンデンサマイク、ダイナミックマイク)、非平衡(非絶縁)
内部回路抜粋 音声入力内部回路抜粋画像
備考 入力アンプのゲイン(増幅)やアッテネータ(減衰)
LINE入力:ゲインやアッテネータはない(増幅率0dB)
コンデンサマイク:増幅率24dB
ダイナミックマイク:増幅率43dB
  • ※全て代表値
接点出力
(C.OUT1)
ポート数 1
出力形式 無電圧a接点(極性なし、交流負荷も接続可能。本体内部回路からは絶縁されている)
最大定格 DC45V 800mA(AC30V 550mA rms、周波数は100Hz未満の正弦波)
接点入出力
(C.IN/OUT2)
ポート数 1
出力設定時の仕様 ※設定によって入力 ⁄ 出力を切り替え
入力形式 無電圧(短絡抵抗500Ω以下でON、同5kΩ以上でOFF)
出力形式 無電圧a接点(極性なし、交流負荷も接続可能。本体内部回路からは絶縁されていない)
最大定格 DC45V 800mA(AC30V 550mA rms、周波数は100Hz未満の正弦波)
外部表示 フルカラーLED×3
呼制御プロトコル SIP
音声通信機能 圧縮方式 G.711(μ-LAW)
エコーキャンセラ アコースティックエコーキャンセラ
無音声圧縮処理 サポート
DTMF中継機能 サポート
設定方法 Webブラウザ経由
筐体 プラスチック筐体
動作保証温度
※端末本体のみ
単独平置 0~50℃(標準添付ACアダプタは40℃まで。50℃対応ACアダプタはオプション販売
平置段積 0~40℃(オプション販売の固定金具キットを使用し、4段重ねた場合の目安)
動作保証湿度 20~80%(ただし結露なきこと)
電源 ACアダプタ給電
消費電力 最大 9.0W
代表値 1.9W(待機時)、2.1W(通話時)
環境対応 欧州RoHS指令準拠
  • ※ 弊社独自の化学分析は行っていませんが、本指令に準拠した部材のみを製品に使用しています。
外形寸法 199(W)×126(D)×31.5(H) mm (突起物含まず)
本体重量 約0.37kg
付属品 ACアダプタ スイッチング電源方式
入力:AC100V~240V (50/60Hz)
出力:DC9V 1A
LANケーブル ストレート結線 長さ3m
その他 取扱説明書(本書内に保証書)、シリアルシール
デフォルトIPアドレス 192.168.1.24
使用帯域(1通話あたり) 約100kbps
通信可能なLANdeVOICE LANdeVOICE2、3、4シリーズのSIP対応モデル
保証期間 購入後1年間
備考 最小構成は1台です。
すべてのSIP環境での動作は保証できませんので、SIPサーバや対向機器との接続検証を必ずおこなってください。

このページのトップへ

ポート各部の名称と働き

SP401-SIPポート

F.G 接地(アース)端子です。
DC-IN 電源ポートです。LANdeVOICEのACアダプタを接続してください。
C.OUT1 接点出力ポートです。機械制御を行います。放送機器の起動に使用できます。
C.IN/OUT2 接点入出力ポートです。
設定によって入力 / 出力を切り替えます。入力設定時は信号により発信、出力設定時は機械制御(放送機器起動等)を行います。
L.OUT 音声出力ポートです。放送機器と接続します。
L.IN⁄MIC 音声入力ポートです。音声入力機器やページングマイク・コンデンサマイク・ダイナミックマイクと接続します。
COM メンテナンス用ポートです。通常使用しません。
SW 初期化用プッシュスイッチです。
LAN LANポートです。LANケーブルを差し込んで、HUBまたはルータなどのネットワーク機器に接続してください。

このページのトップへ