KA端末 大型ボタン/接点入出力/拡張コネクタ装備モデル

仕様(スペック)

製品名KA02
型名LdV2-KA02
定価オープンプライス
特長大型ボタン・接点入出力・拡張コネクタ装備
インターフェイス・LANコネクタ(RJ-45)×2
・TELポート:外付け電話機 (RJ-11)×1
・LINEポート:アナログ公衆網 (RJ-11)×1
・ライン入力×1(3.5φミニジャック)   
・ライン出力×1(3.5φミニジャック)
・外部スピーカー出力×1(端子台)
・接点入力×4(端子台)
・接点出力×2(端子台)
収容回線数2 
※1回線目:TEL・LINE
 2回線目:L.OUT、L.IN、C.OUT、C.IN、SPK、外部スピーカー、照光ボタン
接続可能機器アナログ公衆網
アナログ電話機
マイク・スピーカ
接点入力のある機器 ※
接点出力のある機器 ※
※接続機器につきましては、あらかじめ動作確認が必要です
※接続機器によって、別途電源等が必要になる場合があります
選択信号PB信号 DP信号(10pps、20pps)(自動検出モード付き)
給電電圧(48V 28mA)
電源ACアダプタ給電(スイッチング電源方式)
入力:AC100V〜240V (50/60Hz)
出力:DC9V 0.9A(最大9W)
※正弦波以外の入力時には正常に動作しない場合があります。UPS(無停電電源装置)をご使用される場合はご注意ください。お客様にて予め動作をご確認ください。
外形寸法170(W)×180(D)×75(H) mm (突起物含まず)
本体重量約650g
LAN I/F
接続形態RJ-45 10BASE-T/100BASE-TX
自動MDI/MDI-X切替機能あり
呼制御プロトコル独自プロトコル(IP+UDP)
使用UDPポート番号呼制御ポート(UDP)
 CH1:4445(出荷時設定値。変更可)
 CH2:4446(出荷時設定値。変更可)
音声ポート(UDP)
 4447〜4450(出荷時設定値。変更可)
通信方式オートネゴシエーション(automatic negotiation)
DHCPクライアント機能サポート
音声伝達
圧縮方式G.711 64Kbps圧縮 (出荷時設定)
使用帯域約78Kbps (LAN上 G.711/BLOCK値30選択時)
DTMF中継機能 サポート
無音圧縮 ON/OFF 設定可能
エコーキャンセラ G.168準拠(25ms)
動作環境
動作保証温度0度〜40度
動作保証湿度20%〜80% ただし結露無き事
付属品
ACアダプタスイッチング電源方式 AC100V〜240V (50/60Hz)
シリアルケーブルRS-232C準拠 Dsub9Pメス-メス クロス1m
LANケーブル10BASE-T CAT5 ストレート3m
その他取扱説明書、保証書(取扱説明書内)、
シリアルシール(保証書用)、安全上のご注意

■操作インターフェース

操作インターフェース
内蔵スピーカー最大5W 口径70mm   8kHz、16kHz、32kHz対応
大型ボタンLED照光タイプ  (ボタン数:4)
音声調整ボタン大、小ボタンにて、内蔵スピーカー、スピーカー出力を調整可能
「大」→音声が大きくなります
「小」→音声が小さくなります
※ライン出力は調整不可能

このページのトップへ

■スピーカ・マイク仕様

マイク コネクタ
入力端子3.5φミニジャック(3極)
入力方式コンデンサマイク方式
端子部アサインMIC仕様
※RINGがGNDに接地されていないコンデンサマイクを使用してください
MIC仕様
※RINGが無いか、GNDに接地されているコンデンサマイクは使用できません
備考コンデンサマイクへの直流電源はKA02から供給します。 
内蔵プリアンプ+20dB

■ライン出力 仕様

ライン出力 コネクタ
出力端子3.5φミニジャック(3極)
出力レベル最大0dBs  (0.775V RMS)
出力方式LINE出力、非平衡
接続機器の入力インピーダンス(推奨)1kΩ以上
端子部アサインL.OUT仕様
備考パソコン用の電源付スピーカーユニットでは、左右同一(同相信号)の音声が出力する

■接点 仕様

出力 1・2
動作について C.OUT1:マルチキャスト一斉放送受信時(優先度1〜10)を受信したときのみ、動作します
C.OUT2:通話時、マルチキャスト放送受信時(優先度に関係なく)に動作します
※接点出力の詳細な動作については、取扱説明書を参照してください。
出力端子スクリューレス端子 (挿入可能線材:導入部最大直径 0.65mm)
出力方式NPN形トランジスタ・オープンコレクター出力
(本製品側への電流吸い込み)
備考端子当りの最大吸い込み電流
650mA(短時間・数分以内)、500mA(常時)
端子への印加可能電圧範囲は0V〜+30Vの範囲です
本製品から外部への最大給電電圧可能電流は、両方の端子の合計で100mA迄です
それ以上は、自己復帰型の電流遮断機が作動し、出力を止めます
入力 1・2・3・4
入力端子スクリューレス端子 (挿入可能線材:導入部最大直径 0.65mm)
入力方式機械的接点
もしくは0V〜+5Vの範囲でTTL類似レベル入力を想定
備考 入力端子と本製品接地端子間の電気的な短絡、もしくは入力端子からの電流の吐き出しを、本製品側が検出します
<接地と入力端子間の短絡抵抗値>
・10kΩ以下で短絡  ※概算値
・100kΩで解放    ※概算値
<電圧入力>
・3.5V以下で「L」レベル(短絡)  ※概算値
・4V以上で「H」レベル(解放)   ※概算値
SPK + - 
出力端子スクリューレス端子 (挿入可能線材:導入部最大直径 0.65mm)
出力レベル最大0.5W (負荷インピーダンス8Ωの場合) 
※0.5Wは想定最大出力の値となりますので、使用方法や
 条件により0.5W以上の出力が出る可能性もありますので
 ご注意ください。
出力方式平衡出力 (BTL出力)
接続機器の入力インピーダンス(推奨)8Ω以上 
備考8Ω未満のインピーダンスの機器を接続しないでください
「+」・「-」いずれの端子とも、本製品の他のいかなる端子等にも絶対に接続しないでください。(故障する可能性があります)

■認定関連

認定関連
JATE認定番号 AD05-0385001
VCCIクラスB

※機能・仕様については予告なく変更される場合があります。
※随時、ご提供できる情報がまとまり次第、更新いたします。

このページのトップへ