VoIP機器 LANdeVOICE




MCS401 / LANdeVOICE4シリーズ

このページのトップへ

MCS401

マルチキャスト一斉同報サーバ

DA401イメージ
MCS401 SPECイメージ

このページのトップへ

特長

マルチキャスト一斉同報(放送)機能

MCS401は、マルチキャスト一斉同報(放送)機能を持ったサーバです。
マルチキャスト通信方式を使用し、放送元端末の音声をIPネットワーク経由でLANdeVOICEの各受信端末へ配信します。
数万箇所へのIP告知システム ⁄ 一斉同報システムを構築可能です。

  • ※ MCS401は、端末管理・呼制御サーバであるCCS401(Ver.2.2.0以上)とセットで使用します。
  • ※ マルチキャストに対応したネットワーク環境が必要です。MCS401から各受信端末までの配信方式がマルチキャスト、放送元端末からMCS401まではユニキャストとなります。

基本運用イメージ

このページのトップへ

放送チャンネル設定

放送チャンネル(放送の優先度や放送開始音・放送終了音等が設定された放送の単位)は255放送チャンネルまで登録可能です。

このページのトップへ

放送チャンネルのグループ化機能

複数の放送チャンネルをグループ化することができます。
最大10グループ(1グループ20放送チャンネルまで、うち1つはチャンネル番号1固定)作成可能です。

例えば放送先拠点別に放送チャンネルを設計した場合、本機能で放送先をグループ化できることになります。
(A地区放送チャンネル、B地区放送チャンネルをグループ化して、AB地区放送チャンネルグループ)

このページのトップへ

同時同報

最大20放送チャンネル(うち1つはチャンネル番号1固定)で同時同報可能です。

  • ※ グループ化している場合は、グループに含まれている放送チャンネル数でカウント
  • ※ 受信端末がPBSPシリーズの場合は最大10放送チャンネル(チャンネル番号1含む)

このページのトップへ

端末管理機能

端末管理・呼制御サーバであるCCS401に搭載の端末管理システムWeb画面にて、マルチキャスト一斉同報の放送チャンネル登録を行います。
端末やサーバの通信状態等の確認もすることができます。

端末管理画面

このページのトップへ

PCのWebブラウザから設定

  • 同一セグメントに接続されたPCのWebブラウザから設定
  • ブラウザより設定中端末のLEDを点滅させ、誤設定を防止
  • ブラウザよりログの確認や再起動

設定画面

このページのトップへ

0~50度までの動作保証

  • 動作保証温度は0度~50度(端末本体のみ※)
  • 組み込み環境や高温度環境での運用が実現
  • ※ 標準添付ACアダプタの動作保証温度は40℃までです。50℃対応ACアダプタはオプション販売となります。
    複数台を平置段積で使用する場合の動作保証温度は0~40度(目安)です。

このページのトップへ