緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 過去の緊急地震速報(予報) 過去の緊急地震速報を検索! 実測値も確認できます
  • 過去の津波情報 過去の津波情報が検索できます


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!

HomeSeismo製造元 ⁄ 配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号
変更認可第98-1号 ⁄ 98-2号

・地震動(震源由来震度)
・地震動(波面伝播非減衰震度)
・地震動(長周期地震動階級等)

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員(理事および部会長代理)です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

LED表示器・LANスピーカとの連動

DP-1S
LED表示器「DP-1S-Y/DP-1S]
Lanスピーカ「KA02-HS」(※1)DP-1S

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、音声出力機能付きLED表示器「DP-1S-Y(黄色LED/色覚バリアフリー対応色)/DP-1S(赤色LED)」Lanスピーカ「KA02-HS」(※1)と連動することが可能です。
地震情報を音声出力や文字表示で確実にお知らせします。

DP-1S-Y/DP-1S及びKA02-HS(※1)を放送機器へ接続することも可能です。

このページのトップへ

複数台を連動可能

対象プラン
ベーシックプラン

DP-1S-Y/DP-1S・KA02-HS(※1)は、ホームサイスモと同一ネットワーク内に限り、ホームサイスモ1台に対して8台まで、併用で連動させて使用することが可能です。

構成図

DP-1S、KA02-HS構成例

  • ※1 KA02-HSは2020年9月末をもって販売を終了しました。
  • ※ DP-1S-Y/DP-1Sはホームサイスモからのガイダンス発報のみ、接点出力をサポートしています。
  • ※ 放送開始遅延時間はホームサイスモの設定に依存します。DP-1S-Y/DP-1S・KA02-HSの個別設定はできません。
  • ※ 複数の異なる敷地に配信する場合は「多拠点への配信」になります。

このページのトップへ