緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ


緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ HS302P

  • 文部科学省所管 国立研究開発法人防災科学技術研究所と共同開発
  • 文部科学省所管 独立行政法人科学技術振興機構 独創モデル化事業採択
  • 緊急地震速報(警報 ⁄ 予報)
  • 直下地震(地震計内蔵)
  • 津波情報(特別警報)
  • 噴火情報(特別警報)
  • 避難訓練 ⁄ 気象庁 訓練報
  • 最新機能を自動更新
  • ネットから動作履歴確認
  • ネットから本体設定
  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


平成28年熊本地震で被災された方々に対し、深くお見舞い申し上げます。

平成28年熊本地震に伴う被災地域への支援措置について
日本赤十字社 平成28年熊本地震への義援金

トピックス&更新履歴

一覧へ

2016年9月26日
【ユーザーの皆様へ】 接続先HomeSeismoデータセンター回線切り替え 及び 冗長化対応について
2016年9月16日
【ユーザーの皆様へ】 2016年11月4日気象庁訓練報のご案内
2016年9月8日
地震減災 nippon プロジェクト」の取り組みとして、「地震時の建物の安全性を評価するための構造ヘルスモニタリングへの取り組み」を掲載しました
2016年8月1日
【ユーザの皆様へ】 2016年8月1日 17時9分に発表された緊急地震速報のキャンセルについて
2016年7月13日
【ユーザの皆様へ】 ユーザページより、インターネット経由で端末本体の設定変更及び確認が可能になりました
2016年7月13日
【お知らせ】 気象庁、内閣府、観光庁が連携して作成した「緊急地震速報・津波警報の多言語辞書」に沿ったオプションガイダンス、「日本語・英語ガイダンス」をリリースしました
2016年4月1日
地震減災 nippon プロジェクト」の取り組みとして、123,150円を日本赤十字社を通じて被災された方々に寄付いたしました

メディア

一覧へ

2015年5月22日
5月19日「毎日新聞」に東北大・NEC・国際航業・エイツーが取り組んでいる大規模地震発生時の津波浸水被害予測システムで、大阪大と東北大のスパコンが連携する記事が掲載されました
2015年4月28日
河北新報 科学の泉「未来をひらくスパコン(7)」で東北大・NEC・国際航業・エイツーが取り組んでいる大規模地震発生時の津波浸水被害予測システムが紹介されました
2012年5月31日
株式会社デンソー様が発行されている「デンソー技術会会報 Sandpit No.190(2012年5月号)」の「街の発明家探訪」でホームサイスモを取り上げていただきました
2011年12月16日
12月14日「日本経済新聞 電子版」で大阪鉄工金属団地協同組合様のホームサイスモ導入について紹介されました
2009年1月21日
NHKニュースウォッチ9の防災科研取材で、直下地震にも対応する地震計内蔵の緊急地震速報受信機としてホームサイスモが紹介されました
緊急地震速報 逆転の発想で…緊急地震速報 受信装置内蔵地震計で揺れを知らせる防災科学技術研究所 堀内茂木研究参事
  • ※ 画像はNHKニュースウォッチ9より抜粋

イベント

一覧へ

ホームサイスモ(直下地震対応 地震計内蔵 緊急地震速報受信機)の展示会等の予定はありません。
決定次第お知らせします。


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE