緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

東洋ゴム工業株式会社様導入事例

担当代理店:株式会社ニシハタシステム

「東洋ゴム工業株式会社」Webサイト

本社他 全16拠点導入

緊急地震速報導入理由

社会や企業に甚大な被害をもたらす地震に対する災害対策は必要不可欠な危機管理のひとつと位置付け、BCP(事業継続計画)の運用にあたり導入しました。
不幸にも被災した場合は、被害を最小限に留めることが最も重要であることから、緊急地震速報によりいち早く身の安全を確保、避難できる初動態勢をつくる目的としました。

HomeSeismo選択理由

他社製品の導入を横展開する過渡期に「ホームサイスモ」が開発され、比較した場合、ホームサイスモのメリットが圧倒的に多く選択しました。
メリット:価格、ランニングコスト、音声案内、直下型地震対応、情報豊富等

このページのトップへ

導入後の取り組み

避難訓練の回数を増やし、年4回を予定しています。実際に訓練した感想は、ホームサイスモの音声は聞き取り易く、音声ガイド通りの行動が取れました。
また、地震についての事前対策として、ホームサイスモ設置拠点周辺の地震状況の把握を行いました。
緊急地震速報の放送は近隣でも聞こえるため、設置拠点周辺の住民の皆様から感謝のお声をいただいております。

このページのトップへ

設置状況

本社

設置場所
放送設備内
音声出力
館内放送
接点出力
館内放送(起動/終了)

東洋ゴム工業本社写真
設置写真
設置写真
放送機器写真

工場及び事業所導入事例インデックスへ

このページのトップへ