緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

和歌山県 三宝幼稚園様導入事例

「三宝幼稚園」Webサイト

「いざ」という時に備えて

訓練写真

南海・東南海地震に備えるために、2010年5月にホームサイスモを設置しました。

毎朝、一番に出勤した教職員が、放送設備の電源を入れます。
最後に帰る教職員が放送設備の電源を切って帰ります。
仕事時間中、また園児がいる間中にホームサイスモのランプが点灯しているのを見ると、“地震があっては、困るけれど、これによって少しでも先に知らせてもらえるから、安心だ”と思っています。

また、緊急地震速報を利用した避難訓練を年に何度か実施しています。
昨年(2010年)12月1日に行われた、気象庁の訓練報を利用した避難訓練にも参加しました。

訓練写真

園児は先生の声ではなく、自動音声で「あと○秒でゆれます。」などと流れると、子どもなりに訓練であるとわかっていても、緊張しているようでした。

今のところ、保育時間中に大きな地震はなく、緊急地震速報が流れたことはありませんが、今後も訓練を繰り返し、「いざ」という時に備えて落ち着いて行動できるようにしていきたいと願っています。

緊急地震速報を導入して、本当によかったと思っています。

このページのトップへ

設置状況

設置場所
音声出力
放送設備

設置写真

教育機関導入事例インデックスへ

このページのトップへ