VoIP機器 LANdeVOICE




接点入力発信:インターホン(ドアホン)のIP化

VoIP機器LANdeVOICEを使用して、インターホン(ドアホン)のIP化が可能です。
IPネットワークがあれば、遠隔での対応や機械制御も可能です。

構成及び設定内容例

構成例

LANdeVOICE DA401にインターホンと押しボタンを接続し、それぞれ別の発信先を設定して、押しボタンを緊急通報ボタンとして利用することができます。

無人窓口インターホンを押すと、サポート窓口電話機に発信します。
押しボタンを押すと、あらかじめ設定した緊急連絡先(セキュリティ会社等)に発信します。

サポート窓口電話機から、無人窓口インターホンへの自動発信もできます。

公衆網からの着信は、無人窓口インターホンへ繋がります。

インターホンとの通話の終了はサポート窓口電話機、緊急連絡先側からのみ行えます。

遠隔受付システム(インターホン)構成例

このページのトップへ

電話番号設定ファイル(phone.ini)

電話番号を設定します。
電話番号設定ファイル(phone.ini)

  • ※ 接続できるアナログ電話機の数は、機種によって異なります。
サポート窓口 PB402
500  192.168.1.12:4445    ! 内線500 無人窓口インターホン
無人窓口 DA401
300  192.168.1.10:4445    ! インターホンボタン サポート窓口電話機
[400]<0312345678>  192.168.1.11:4445    ! 接点入力押しボタン 緊急連絡先
公衆網接続 PT402
500  192.168.1.12:4445    ! 内線500 無人窓口インターホン

このページのトップへ

システム設定ファイル(syscnfg.ini)

使用するポート番号、自動発着信、接点出力の設定をします。
公衆網との接続にPT402を使用する場合は、AD_MODEパラメータ(オフフック設定)についても、お客様のポリシーに従ってPT402に設定してください。
システム設定ファイル(syscnfg.ini)
パラメータ検索

  • ※ CCHパラメータは、LANdeVOICE2・3シリーズ及びLANdeAUDIO端末では、基本設定ファイル(netcnfg.ini)に設定するパラメータとなります。
  • ※ 記載のないパラメータについては、工場出荷時設定もしくは環境に合わせて設定してください。
サポート窓口 PB402
CCH  4445
AUTODIAL1  500    ! 自動発信 無人窓口インターホン
無人窓口 DA401
CCH  4445
TALK_SETUP  7    ! インターホンによる発信を有効
TALK_DIAL  300    ! インターホン押下 受付電話機へ発信
DA_SET  -1  1    ! インターホン押下 「ピンポーン」と1回再生
CIO_SELECT  1    ! C.IN/OUT2を接点入力として使用する
CIN_SETUP  7    ! 接点入力による発信を有効
CIN_DIAL  400    ! 接点入力押しボタン押下 緊急連絡先へ発信
RTY_SETUP  0  0    ! 発信先が話中だった場合再発信しない(変更不可。省令により規制)
BT_SET  0    ! 終話時に内蔵ビジートーンを再生しない
CT_SET  0    ! 着信時0秒で応答
LEVEL_MODE  0    ! インターホンから出力される音量レベルに連動して、LEVEL LED色が変化
公衆網接続 PT402
CCH  4445
AUTODIAL1  500    ! 自動発信 無人窓口インターホン
AD_MODE  0    ! オフフックしないでIP網へ発信する
CTRING  2    ! (公衆網接続:NTTパターン)2回目の鳴動でIP網へ発信する

このページのトップへ

基本設定ファイル(netcnfg.ini)

LANdeVOICE端末のIPアドレス等、基本設定を設定してください。
基本設定ファイル(netcnfg.ini)

このページのトップへ

対応機種

インターホン接続
アナログ電話機接続
公衆網接続

このページのトップへ