LANdeVOICE設定 よくあるご質問

設定方法について

このページのトップへ

電話番号テーブルについて

このページのトップへ

機能と設定パラメータ

このページのトップへ

トラブルシューティング

このページのトップへ

設定方法について
IPアドレス等ネットワーク情報をはじめ、基本設定はどのように設定するのですか?
netcnfg.iniという基本設定ファイルにて設定、もしくはコマンド入力にて設定を行います。
主に次の項目を設定可能です。
IPアドレス/UDPポート/音声圧縮方式/音声パケットの送出間隔...etc
netcnfg.iniについて

このページのトップへ

構成に応じたシステム設定はどのように設定するのですか?
syscnfg.iniというシステム設定ファイルにて設定を行います。
主に次の項目を設定可能です。
自動発信/専用線モード/回線種別設定/グループ着信...etc
※機種により設定できる項目が異なります。
syscnfg.iniについて

このページのトップへ

電話番号はどこに設定するのですか?
phone.iniという電話番号テーブルファイルにて設定を行います。
LANdeVOICEは電話番号テーブル(phone.ini)を持つことができるので、予め設定を行っておけば指定した短縮番号で相手LANdeVOICEを呼び出せます。
また、一括管理したい場合(端末台数が多い場合等)はLANdeVOICE CPS8呼制御サーバで一括管理も可能です。
phone.iniについて

このページのトップへ

電話番号テーブルについて
LANdeVOICEの2回線モデル(PB02、OD02、PT02、PBSP)の各チャンネルへの鳴らし分けはどうするのですか?
着信側端末のnetcnfg.ini「CCH」発信側端末のphone.iniの設定で鳴らし分けを行います。
「CCH」とは端末の呼制御用ポートを設定するパラメータです。
2回線ある端末においては、「CCH」の設定値がCH1(1回線目)用、その次のポート番号がCH2(2回線目)用となります。
例:「CCH 4445」設定時 → CH1:4445、CH2:4446 
この「CCH」の設定を元に、発信側端末の電話番号テーブル(phone.ini)を設定します。

◆発信側端末のphone.ini設定例
(着信側端末のCCHは4445、IPアドレスは192.168.1.10の場合)
100 192.168.1.10:4445 !CH1
101 192.168.1.10:4446 !CH2
◆解説
短縮100で着信側端末のCH1、短縮101でCH2を呼び出します。

このページのトップへ

機能と設定パラメータ
【専用線モード】 特定の2端末間で常時接続状態(専用線モード)で使用するにはどのような設定が必要ですか?
syscnfg.ini「AUTODIAL1」(もしくは「AUTODIAL2」)「LEASELINE」の2つのパラメータとphone.iniの組み合わせで設定を行います。

発信側と着信側で設定項目が異なるのでご注意ください。

発信側端末:「AUTODIAL1」(もしくは"2")+「LEASELINE」+ phone.ini
着信側端末:「LEASELINE」のみ

◆発信側端末の設定例
<syscnfg.ini>
AUTODIAL1 100
LEASELINE 1
<phone.ini>
(着信側端末のCCHは4445、IPアドレスは192.168.1.10の場合)
100 192.168.1.10:4445 !CH1

◆着信側端末の設定例
<syscnfg.ini>
LEASELINE 1

◆解説
発信側端末が起動すると、AUTODIAL1で指定された短縮番号100を元にphone.ini内を検索して発信すると共に、発信・着信両端末にてLEASELINEが1と指定されているので、各端末のCH1(回線1)が自動で専用線モードとして動作し、常時接続状態となります。
※詳細なパラメータの説明は取扱説明書をご参照ください。

このページのトップへ

【自動発信機能】 LANdeVOICEに接続されている電話機をOFFHOOKするだけで、特定のLANdeVOICEへ発信することは可能でしょうか?
syscnfg.ini「AUTODIAL1」(もしくは「AUTODIAL2」)を設定することで自動発信が可能です。
発信側となる端末のsyscnfg「AUTODIAL1」(もしくは"2")を設定します。

◆発信側端末の設定例
<syscnfg.ini>
AUTODIAL1 100
<phone.ini>
(着信側端末のCCHは4445、IPアドレスは192.168.1.10の場合)
100 192.168.1.10:4445 !CH1

◆解説
発信側端末に接続されている電話機をOFFHOOKすると、AUTODIAL1で指定された短縮番号100を元にphone.ini内を検索して発信します。
※詳細なパラメータの説明は取扱説明書をご参照ください。

このページのトップへ

【パラメータについて】 パラメータの「PORTGROUP」とCPS8の「PLUR_SETUP」というパラメータの違いは何ですか?
両パラメータともグループ着信の設定なのですが、違いが分かりません。
◆PORTGROUP
<syscnfg.iniに設定>
1端末の2チャンネルのみを呼び出したい時に設定

◆PLUR_SETUP
CPS8のsyscnfg.iniに設定>
複数端末の複数チャンネルを呼び出したい時に設定
 (最大10チャンネルまで呼び出し可能)

※詳細なパラメータの説明は取扱説明書またはパラメータ検索ページをご確認ください。

このページのトップへ

トラブルシューティング
IPアドレスの設定が有効になりません。
一度、再起動を行ってください。
またsyscnfg.iniファイルにてIPアドレスやDEFという記述が無いかをご確認ください。
記述があった場合は、これらが原因で反映されていなかった可能性がありますので、削除をしたファイルにて再設定・再起動を行い、改めてIPアドレスの設定を行ってください。

このページのトップへ