VoIP機器 LANdeVOICE




電話で遠隔構内放送(LINE IN ⁄ OUTモデル)

LANdeVOICE LINE IN ⁄ OUTモデルを放送機器に繋げて、遠隔で電話から構内放送が可能です。

構成及び設定内容例

構成例

LANdeVOICEにアナログ電話機、アンプを接続し、IPネットワーク網経由で遠隔構内放送が可能です。

A拠点のアナログ電話機から、B拠点の構内放送の内線番号をダイヤルして、接点出力にて放送機器を起動し遠隔放送します。
LANdeVOICEにインストールした放送開始音と放送終了音の再生もできます。

電話機C・D間の通話も可能です。

アナログ電話機 ダイヤル発信構成例

このページのトップへ

電話番号設定ファイル(phone.ini)

電話番号を設定します。
電話番号設定ファイル(phone.ini)

  • ※ 接続できるアナログ電話機の数は、機種によって異なります。
A拠点
300  192.168.1.10:4445    ! 内線300 A拠点 電話機C
400  192.168.1.10:4446    ! 内線400 A拠点 電話機D
500  192.168.1.11:4445    ! 内線500 B拠点 構内放送

このページのトップへ

システム設定ファイル(syscnfg.ini)

使用するポート番号とコールトーン、ビジートーン等の設定をします。機種によって設定が異なります。
システム設定ファイル(syscnfg.ini)
パラメータ検索

  • ※ CCHパラメータは、LANdeVOICE2・3シリーズ及びLANdeAUDIO端末では、基本設定ファイル(netcnfg.ini)に設定するパラメータとなります。
  • ※ 記載のないパラメータについては、工場出荷時設定もしくは環境に合わせて設定してください。
  • ※ コールトーンとビジートーンの代わりに再生するWAVファイルのインストールが必要です。
    弊社で用意しているWAVファイルを使用する場合は下記からダウンロードいただけます。
    LANdeVOICE 放送開始・終了音
A拠点
CCH  4445
B拠点:SP401の場合
CCH  4445
CT_SET  6  1    ! 着信から応答まで6秒間、ct.wavを1回再生
BT_SET  4  1    ! 終話から4秒間、bt.wavを1回再生
LEVEL_MODE  0    ! LEVEL LEDをL.OUTの音量レベルと連動させる
B拠点:PBSP-SIO、PBSP-BLの場合(マイク・スピーカはch.2のためCCHに注意)
CCH  4444
SPPSW  NONE    ! 接点入力による発着信を無効
DLYCONN  6    ! マイク・スピーカ:6秒で自動着信
CALLTONE  ON    ! スピーカ:着信から応答までコールトーンを鳴らす
CTWAV  1  ct.wav    ! スピーカ:コールトーンの代わりにct.wavを繰り返し再生
TERMBT  ON    ! スピーカ:終話から4秒間(固定)、ビジートーンを鳴らす
BTWAV  1  bt.wav    ! スピーカ:ビジートーンの代わりにbt.wavを繰り返し再生
OUTCTRL1  1  0    ! 接点出力 待機時開放 着信時ショート

このページのトップへ

【LdV4シリーズ】 アクション設定ファイル(action.ini)

接点出力動作を設定します。
アクション設定ファイル(action.ini)

B拠点:SP401
[COUT1]
OFF  "LDVEVN_SP1  IDLE"    ! 待機時 C.OUT1開放
ON  "LDVEVN_SP1  RINGING"    !  着信時 C.OUT1ショート

このページのトップへ

基本設定ファイル(netcnfg.ini)

LANdeVOICE端末のIPアドレス等、基本設定を設定してください。
基本設定ファイル(netcnfg.ini)

このページのトップへ

対応機種

放送機器接続
アナログ電話機接続

このページのトップへ