VoIP機器 LANdeVOICE




公専接続 ⁄ 専公接続

VoIP機器LANdeVOICEのFXOモデルを使用して、公専接続 ⁄ 専公接続が可能です。

構成及び設定内容例

構成例

LANdeVOICEのFXOモデルを公衆網に接続し、公専接続 ⁄ 専公接続を構築します。

A拠点のアナログ電話機の受話器を上げると自動でB拠点のLANdeVOICEに発信します。
B拠点のLANdeVOICEが着信するとダイヤルトーンが聞こえるので、外線番号をダイヤルします。

公衆網からの電話(03-1234-5678もしくは03-1234-5679宛)を着信したB拠点のLANdeVOICEは、A拠点LANdeVOICEへ自動発信し、空き回線が1回線(使用中でない電話機1台が)呼び出されます。

ナンバーディスプレイ契約回線をご使用で、電話機C・Dがナンバーディスプレイ対応機の場合は、発信番号を表示させることができます。

公専接続 ⁄ 専公接続構成例

  • ※ 空き回線(使用中でない電話機)全てを呼び出す場合は、呼制御サーバが必要です。

このページのトップへ

電話番号設定ファイル(phone.ini)

電話番号を設定します。
電話番号設定ファイル(phone.ini)

  • ※ 接続できるアナログ電話機の数は、機種によって異なります。
A拠点
[50]  192.168.1.11:4445    ! 拠点番号50 B拠点 PT402
B拠点
30  192.168.1.10:4445    ! 拠点番号30 A拠点 PB402

このページのトップへ

システム設定ファイル(syscnfg.ini)

使用するポート番号と自動発信、グループ着信の設定をします。
公衆網との接続にPT402を使用する場合は、AD_MODEパラメータ(オフフック設定)についても、お客様のポリシーに従ってPT402に設定してください。
システム設定ファイル(syscnfg.ini)
パラメータ検索

  • ※ CCHパラメータは、LANdeVOICE2・3シリーズ及びLANdeAUDIO端末では、基本設定ファイル(netcnfg.ini)に設定するパラメータとなります。
  • ※ 記載のないパラメータについては、工場出荷時設定もしくは環境に合わせて設定してください。
A拠点
CCH  4445
AUTODIAL1  50    ! 自動発信 拠点番号50
AUTODIAL2  50    ! 自動発信 拠点番号50
PORTGROUP  ON    ! グループ着信有効
DIDMODE  3    ! ナンバーディスプレイモード
B拠点
CCH  4445
AUTODIAL1  30    ! 自動発信 拠点番号30
AUTODIAL2  30    ! 自動発信 拠点番号30
PORTGROUP  ON    ! グループ着信有効
AD_MODE  0    ! オフフックしないでIP網へ発信する

このページのトップへ

基本設定ファイル(netcnfg.ini)

LANdeVOICE端末のIPアドレス等、基本設定を設定してください。
基本設定ファイル(netcnfg.ini)

このページのトップへ

対応機種

公専接続 ⁄ 専公接続
アナログ電話機接続

このページのトップへ