VoIP機器 LANdeVOICE




遠隔受付システム(インターホン ⁄ 電気錠)

VoIP機器LANdeVOICEを使用して、受付の遠隔対応が可能です。
電気錠を開錠できます。

  • ※ 半二重通話です。

構成及び設定内容例

構成例

LANdeVOICE DA301にインターホンと電気錠を接続し、IPネットワーク網を利用して受付の遠隔対応を行います。

玄関インターホンを押すと、受付電話機に発信します。
受付電話機にて通話中に、玄関電気錠の開錠(「∗567#」をダイヤルすることで、DA301の接点出力を1秒間ショート)を行うことが可能です。※

受付電話機から玄関インターホンへの自動発信もできます。

通話の終了は受付電話機側からのみ行えます。

  • ※ 通話中の接点出力動作は、LANdeVOICE4シリーズとの通話中のみ可能です。「∗」で入力の開始、「指定番号」、「#」で入力の終了となります。
    通話開始時や通話終了時の接点出力動作は、LANdeVOICE2シリーズとの通話でも可能です。

遠隔受付システム(インターホン)構成例

このページのトップへ

電話番号設定ファイル(phone.ini)

電話番号を設定します。
電話番号設定ファイル(phone.ini)

  • ※ 接続できるアナログ電話機の数は、機種によって異なります。
受付
400  192.168.1.11:4445    ! 内線400 玄関インターホン
玄関
[S01]  192.168.1.10:4445    ! インターホンボタン 受付電話機

このページのトップへ

システム設定ファイル(syscnfg.ini)

使用するポート番号、自動発着信、接点出力の設定をします。
システム設定ファイル(syscnfg.ini)
パラメータ検索

  • ※ CCHパラメータは、LANdeVOICE2・3シリーズ及びLANdeAUDIO端末では、基本設定ファイル(netcnfg.ini)に設定するパラメータとなります。
  • ※ 記載のないパラメータについては、工場出荷時設定もしくは環境に合わせて設定してください。
受付
CCH  4445
AUTODIAL1  400    ! 自動発信 玄関インターホン
玄関
CCH  4445
DLYCONN  0    ! 自動着信時間 0秒でオフフック
SPPSW  TOGGLE    ! 発信設定 インターホンボタン発信・接点入力発信有効
OUTCTRL1  3  1    ! 接点出力 DTMFリレーモード 1秒ショート
DTMFCTRL  567  2    ! 接点出力 DTMFリレー動作番号567 ワンショット

このページのトップへ

基本設定ファイル(netcnfg.ini)

LANdeVOICE端末のIPアドレス等、基本設定を設定してください。
基本設定ファイル(netcnfg.ini)

このページのトップへ

対応機種

インターホン接続
アナログ電話機接続

このページのトップへ