VoIP機器 LANdeVOICE




接点入力発信:アナログ電話間をIP化

VoIP機器LANdeVOICEを使用して、アナログ電話間をIP化することが可能です。
IPネットワークがあれば、拠点間を簡単に内線化でき、業務の効率化が図れます。

構成及び設定内容例

構成例

LANdeVOICE KA02にアナログ電話機を接続し、IPネットワーク網で通話します。
電話機Cの受話器を上げて、接点入力に接続した押しボタンを押すと、設定先(電話機D)に発信します。
ダイヤル発信も可能です。

アナログ電話機 接点入力発信構成例

このページのトップへ

電話番号設定ファイル(phone.ini)

電話番号を設定します。
電話番号設定ファイル(phone.ini)

  • ※ 接続できるアナログ電話機の数は、機種によって異なります。
A・B拠点
300  192.168.1.10:4445    ! 内線300 A拠点 電話機C
400  192.168.1.11:4445    ! 内線400 B拠点 電話機D
500  192.168.1.11:4446    ! 内線500 B拠点 電話機E

このページのトップへ

システム設定ファイル(syscnfg.ini)

使用するポート番号と、接点入力動作の設定をします。
システム設定ファイル(syscnfg.ini)
パラメータ検索

  • ※ CCHパラメータは、LANdeVOICE2・3シリーズ及びLANdeAUDIO端末では、基本設定ファイル(netcnfg.ini)に設定するパラメータとなります。
  • ※ 記載のないパラメータについては、工場出荷時設定もしくは環境に合わせて設定してください。
A拠点
CCH  4445
BTN_MODE  NONE  NONE  NONE  NONE  PBDIAL  NONE  NONE  NONE    ! 接点入力1電話機 その他無効
BTN_DIAL  5  400    ! 接点入力1は400へ発信
B拠点
CCH  4445

このページのトップへ

基本設定ファイル(netcnfg.ini)

LANdeVOICE端末のIPアドレス等、基本設定を設定してください。
基本設定ファイル(netcnfg.ini)

このページのトップへ

対応機種

アナログ電話機接点入力発信
アナログ電話機接続

このページのトップへ