LANdeVOICE LdVS-UNI ユニキャストサーバ

特長

複数拠点への一斉放送

 

インターネットから専用線まで、多様なネットワーク環境に対応

 

G.711やG.729サポートでナローバンドでの運用が可能

某証券会社様 運用事例 〜一斉告知〜

  • 場電情報の伝達
  • 本社から各支社への朝礼放送、訓示放送

ユニキャストサーバ

必要な機器

  • 放送元端末PBSP
    放送元に設置し、放送開始・終了の操作や音声入力を行う。
  • 放送先端末PBSP
    放送先に設置することで、放送を受信します。
    放送先にアンプを設置し、起動信号が必要な場合は、PBSP-SIOがお勧めです。
  • ユニキャスト一斉同報サーバ  ※ソフトウェア販売 ハードウェアはお客様で準備
    放送元に設置して放送を制御します。 PCベースのサーバです。
    弊社ではアプリケーションのみの販売となります。
    ハードウェアについては、お客様で準備をお願いいたします。
  • 呼制御サーバCPS8
    放送元に設置します。システム内のLANdeVOICEの電話番号テーブルの一元管理を行います
  • マイク・スピーカー   ※お客様で準備するもの
    マイクは放送元端末に接続し、音声入力のオペレーションを補助します。
    スピーカーは放送先のPBSPに接続して放送を流します。
    PBSPに接続できるページングマイクも販売しております。(LdV-PM660U)

カスタマイズについて

  • 同報先端末カスタマイズ(ハードウェア)
    要求仕様により告知端末等、ハードウェアのカスタマイズも対応可能

このページのトップへ