LANdeVOICE DA301 インターホン/接点入出力対応モデル

特長

一般的なインターホン(ドアホン)が接続可能
現在市販されている一般的なインターホン(動作確認済みインターホン)が接続可能です。
接続に関してもインターホン側の加工の必要は一切ありません。
2線式線材(最大直径0.65mm)でDA301とインターホンを接続するだけです。

 

通常のインターホンだから発信操作もわかりやすい(発信機能)
インターホンのボタンを押すと、指定した1箇所へ発信動作を行います。

<例 入退室ゲートと事務所の連絡用>

インターホンからの発信

インターホンのボタンを押すと、PB02に接続された電話機を呼び出します。
センターのLANdeVOICEに接続されている電話機を呼出、通話します。
センター接続されているLANdeVOICEから拠点2のインターホンを呼出、通話します。

DA301に接続されているインターホンをセンターのLANdeVOICEに接続されている電話機から短縮で呼び出すことができます。
自動着信するので、インターホン側では着信に関する操作は不要です。

※DA301はインターホンにボタンが一つしか無い為、発信先は固定になります。

 

呼び出し音 呼び出し音視聴
相手が話し中(話中時)の呼び出し音 呼び出し音視聴
 

インターホンを呼び出すこともできます(着信機能)
DA301に接続されているインターホンを呼び出すこともできます。即着信からn秒後の自動着信設定も可能です。
(設定範囲0〜15秒)

インターホン着信音 呼び出し音視聴
通話終了時の音(設定により音をなしにすることもできます) 呼び出し音視聴
 

接点出力/接点入力
接点入出力端子を1点ずつ装備しているので、監視カメラ連動や電子錠の解錠/施錠の制御ができます。
※接点出力制御についてはネットワーク経由のコマンドで制御可能
  端末制御に関するコマンド仕様は開示可能です。

<例>インターホンを押したら、監視カメラを起動し録画(監視用モニターへ表示)

接点出力連動

インターホンの呼出ボタンを押下
DA301に接続されているインターホンの呼出ボタンを押下します。
LANdeVOICEへ発信
LANdeVOICE PB02へ発信し、接続されている電話機を呼出、通話します。
監視カメラへライン出力
LANdeVOICE DA301の接点出力(C.OUT)に接続されている監視カメラへ信号を送ります。
監視カメラの起動
監視カメラが起動し、映像を録画します。
映像の確認
監視カメラが撮影した映像を監視用モニタで確認ができます。

※監視カメラやモニタについては、別途お客様にて準備をお願いします。監視カメラについては、接点入力が必要になります。

 

インターホンを押して、複数の電話機を呼び出し(CPS8が必要)

<例>簡易コールセンター
LANdeVOICE CPS8の同時呼出機能を使用して、簡易コールセンター等で複数のLANdeVOICEを同時に呼び出す事ができ、内1台のLANdeVOICEと通話が可能です。

複数同時呼出

インターホンの呼出ボタン押下で発信
拠点1のインターホン用LANdeVOICE DA301に接続されているインターホン押すと、センターのLANdeVOICEへ発信します。
CPS8に設定されたグループの複数のLANdeVOICE PB02が着信
LANdeVOICE CPS8を使用し設定する事によって、複数のLANdeVOICE PB02が着信します。
センターのLANdeVOICE PB02に接続されている電話機の1台と通話
センターのLANdeVOICE PB02に接続されている電話機が着信し、内1台の電話機と通話が可能です。

※補足
次の機能を使用する場合、LANdeVOICE CPS8が必要です。
・ナンバーディスプレイ機能(PB02に接続された電話機に着信番号を表示)
発番号通知機能(ナンバーディスプレイ)に対応している為、どこのドアホンから着信があったか確認ができます。

・電話機を複数台、呼び出し(代表電話番号機能)
指定された電話機を一斉に呼び出します。他のドアホンから電話機へ着信があった場合、空いている電話機のみが呼び出されます。

 

CTIとの連携 (CPS8が必要)
CTIとの連携も可能です。(別途 CPS8が必要です→CPS8について)

このページのトップへ