緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

東京都多摩東部直下地震でHomeSeismoが緊急地震速報より早く地震を検知

2008年8月8日

地震概要

地震発生日時 平成20年08月08日12時57分
震源位置 東京都多摩東部(北緯35.7、東経139.5、深さ40.0km)
マグニチュード 4.5
地震波検知時刻 12時57分15.7秒
緊急地震速報 第1報提供時刻 12時57分22.8秒

2008年8月8日12時57分東京都多摩東部で発生した地震は最大震度4(S波)の直下地震でした。

このページのトップへ

P波観測情報

気象庁の緊急地震速報 第1報提供時刻は12時57分22.8秒です。
それより早く地震を検知してHomeSeismoデータセンターへ通知した端末は35台でした。
また、HomeSeismoの内蔵地震計の発報設定である予測震度4以上を、緊急地震速報の第1報より早く予測又は観測した端末は9台※でした。

  • ※ 内蔵地震計による発報を無効にしている端末含む

このページのトップへ

観測結果

今回の地震において、内蔵地震計で震度4以上を予測した、ある1台の端末の観測時間を下記に紹介します。

端末情報

  • 震央からの距離約13km
  • 都内事務所
  • ファームウェアバージョン0.1.3

動作履歴

2008/08/08 12:57:21 内蔵地震計 P波検知 予測震度4(4.03)
2008/08/08 12:57:21 接点出力 ON
2008/08/08 12:57:21 P波検出ガイダンス開始
2008/08/08 12:57:23 緊急地震速報受信 第1報 予想震度3(2.99) 猶予時間-3.79
2008/08/08 12:57:24 緊急地震速報ガイダンスへ切り替え
2008/08/08 12:57:27 緊急地震速報受信 第2報 予想震度3(2.52) 猶予時間-7.90
2008/08/08 12:57:30 緊急地震速報受信 第3報 予想震度3(2.72) 猶予時間-11.26
2008/08/08 12:57:33 内蔵地震計 結果(最大値) S波予想震度4(4.35) S波実測震度3(3.27)
2008/08/08 12:57:41 接点出力 OFF
2008/08/08 12:57:44 緊急地震速報受信 第4報 予想震度3(3.35) 猶予時間-28.71
2008/08/08 12:57:46 緊急地震速報受信 第5報 予想震度3(3.35) 猶予時間-30.19
2008/08/08 12:58:02 緊急地震速報受信 最終報 予想震度3(3.35) 猶予時間-46.99

  • ※ 上記情報は端末の動作履歴にてユーザがご確認いただけるデータを加工したものです。
  • ※ 震源に近い場合は少し大きめに震度を予測する場合があります。

このページのトップへ

サイスモネットワーク

今回の地震において、気象庁の地震計が地震を検知した時刻は12時57分15.7秒です。(緊急地震速報 第1報提供時刻は12時57分22.8秒)
この時間よりも早く、地震を検知・識別・HomeSeismoデータセンターへ通知(一番早いもので12時57分15.4秒)を行った端末が5台ありました。
高密度に簡易地震計を設置することで、気象庁の地震計よりも早く地震を検知することができました。

このページのトップへ