緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

ニュースリリース

2008年5月23日

横浜国立大学 直下地震にも対応した緊急地震速報受信端末HomeSeismo(ホームサイスモ)を導入 ~地震から学生を守るために~

概要

横浜国立大学は、常盤台キャンパス(神奈川県横浜市保土ヶ谷区)、附属鎌倉小学校、付附属鎌倉中学校他の計14拠点にHomeSeismo端末を導入しました。
エイツーでは機器提供を始め、設置支援、緊急地震速報を有効に活用して頂くための運用マニュアル、防災士による訓練アドバイス等の運用支援を行いました。

このページのトップへ

HomeSeismo導入のポイント

  • 緊急地震速報導入により、生徒・児童・教職員の身の安全を確保
  • 緊急地震速報が間に合わない直下地震にも対応
    (端末に内蔵された地震計が、初期微動を検知します。地震波判定アルゴリズムは、独立行政法人防災科学技術研究所との共同開発です)
  • コンパクトな筐体で既存の放送設備との連動が容易

このページのトップへ

導入効果

  • 緊急地震速報が間に合わない直下地震も、内蔵地震計により数秒の猶予時間を確保
  • 地震防災に対する啓発活動
  • 地域の避難場所に指定されているキャンパスの安全確保
  • 地震計内蔵端末設置による地域、社会貢献の実現 サイスモネットワークに賛同

このページのトップへ

地震から、自分を守り地域を護る「サイスモネットワーク」

エイツーのCSR「サイスモネットワーク」は、緊急地震速報の利活用、地震防災の大切さを一人でも多くの人たちに知ってもらう事を目的とした啓蒙プロジェクトです。
緊急地震速報の運用概要や防災に対する心構え等を公開しています。
導入資料、掲示物のダウンロードもできます。

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

このページのトップへ

エイツーの今後の取り組み

今回の導入により横浜市保土ヶ谷区周辺に14箇所端末が設置され、直下地震でも地震情報を出す為のP波観測網としての役割が期待できます。
既にこの周辺にも複数台端末が設置されており、同地域での直下地震の検知と地震情報発報の実用化に向けて開発を進めてまいります。

このページのトップへ

HomeSeismoに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ
平日9時30分~12時 13時~17時
電話番号:03-5498-7411
メールでのお問い合わせ
Eメールアドレス:

このページのトップへ

  • ※ 掲載されている情報は、発表時点の情報です。
    最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。