緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

4.周辺機器と接続する(接続と準備の流れ)

  1. 付属品を確認する
  2. 端末の設定をする(メンテナンスモード)
  3. 端末を設置する
  4. 周辺機器と接続する
  5. 新規ユーザ登録(設置場所の登録)を行う
  6. 津波・噴火情報の受信設定を行う
  7. 試験放送を行う
  8. 冗長化確認を行う(IPv4接続端末のみ)

4.周辺機器と接続する

周辺機器と接続します。
周辺機器側の接続方法については、それぞれのメーカにお問い合わせください。

このページのトップへ

4-1.ネットワーク機器と接続する

HS302P画像

ローレットネジを手で外して、本体下部のカバーを取ります。

HS302Pコネクタ画像

端末の「2.LAN」にLANケーブルを差し込んで、もう一方をHUBまたはルータなどのネットワーク機器に接続してください。

このページのトップへ

4-2.電源を入れる

電源プラグをコンセントへ挿してください。

このページのトップへ

4-3.Linkランプを確認する

HomeSeismoデータセンターとの接続が確立すると、Linkランプは「緑と橙の交互の点滅」もしくは「緑点灯」になります。
詳しくは「LED(ランプ)の動作について」をご覧下さい。

このページのトップへ

4-4.出力機器と接続する

HS302P製品仕様

HS302Pコネクタ画像

アンプなしスピーカと接続する場合
「7.SPK」にスピーカを接続してください。
ボリュームは「1.VOL」で調節してください。
館内放送と接続する場合
「8.Line」を放送機器の音声入力端子と接続してください。
ボリューム調節や、放送機器起動時間分ガイダンスを遅らせる場合は、新規ユーザ登録後、端末設定画面にアクセスして設定してください。
端末の設定画面へのアクセス
館内放送との連動
接点出力を利用したい場合
「4.C.Out」を機器の接点入力と接続してください。
接点出力の設定を変更する場合は、、新規ユーザ登録後、端末設定画面にアクセスして設定してください。
端末の設定画面へのアクセス

このページのトップへ

完成図

壁掛けで設置する場合は、ケーブル類は壁に固定してください。
ケーブル類が固定されずにぶら下がっている状態だと、ケーブルの揺れで内蔵地震計が誤動作を起こす可能性があります。

 

5.新規ユーザ登録(設置場所の登録)を行う

このページのトップへ