緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

2.端末の設定をする メンテナンスモード(接続と準備の流れ)

  1. 付属品を確認する
  2. 端末の設定をする(メンテナンスモード)
  3. 端末を設置する
  4. 周辺機器と接続する
  5. 新規ユーザ登録(設置場所の登録)を行う
  6. 津波・噴火情報の受信設定を行う
  7. 試験放送を行う
  8. 冗長化確認を行う(IPv4接続端末のみ)

2.端末の設定をする(メンテナンスモード)

HomeSeismo(ホームサイスモ) HS302Pのネットワーク設定は下記4項目となります。

  • IPアドレスを自動的に取得する(DHCP
  • IPアドレス指定
  • (フレッツ網)IPv6アドレス自動設定
  • (フレッツ網)IPv6アドレス指定

工場出荷時の設定は「IPアドレスを自動的に取得する(DHCP)です。
DHCP環境で使用される場合は、3.端末を設置するへお進みください。

DHCP環境以外で使用される場合は、ネットワークに接続するために、端末をメンテナンスモードにして設定を行います。
メンテナンスモードで設定する場合は、端末とパソコンを直接LANケーブルで接続し、パソコンにネットワーク設定を行います。

このページのトップへ

2-1. メンテナンスモードで端末を起動する

HS302P画像

ローレットネジを手で外して、本体下部のカバーを取ります。

HS302Pコネクタ画像

「9.SW(緑のスイッチ)」を押しながら電源プラグをコンセントに差込み、端末を起動します。
LinkMoniのLEDが橙の速い点滅になったら、メンテナンスモードで立ち上がっているので、「SW」から手を離してください。
(すでに電源が入っている場合は、「SW」を押し続けると再起動するので、メンテナンスモードで立ち上がるまで「SW」を押し続けてください)

メンテナンスモードでは、端末は以下のネットワーク設定で立ち上がります。
端末IPアドレス:192.168.1.20
端末サブネットマスク:255.255.255.0

このページのトップへ

2-2. LANケーブルでパソコンと端末を接続する

すでにパソコンに他のネットワークのLAN ケーブルを接続している場合は、一旦LAN ケーブルを抜いてください。
パソコンのネットワーク接続は、間違えるとネットワーク全体に影響を及ぼすことがあります。

HS302Pコネクタ画像

「2.LAN」にLANケーブルを差し込んで、もう一方をパソコンに接続してください。
(LANケーブルはクロスである必要はありません)

このページのトップへ

2-3. 端末と接続しているパソコンのネットワーク設定を行う

端末と接続しているパソコンのネットワーク設定を行います。
(現在のパソコンの設定を控えておいてください)
パソコンIPアドレス:192.168.1.100
サブネットマスク:255.255.255.0

設定方法はOSによって異なります。
HomeSeismo取扱説明書の「2.1.3 パソコンのネットワーク設定を行う」を参照して、設定を行ってください。

このページのトップへ

2-4. 端末設定画面へアクセスする

WEBブラウザで、端末設定画面へアクセスします。

下記アドレスをブラウザのアドレス欄へ入力してください。
http://192.168.1.20:9090/

  • ※ メンテナンスモード時のアドレスです。
    ユーザ登録を行った後に端末設定画面へアクセスする場合は、「端末設定画面へのアクセス」をご覧ください。

ユーザ名とパスワードの入力を求められるので、下記を入力してください。
ユーザ名 : admin
パスワード : 端末に貼られている黄色いシールに記載されているパスワード

端末シールイメージ
シールイメージ

このページのトップへ

2-5. 端末のネットワーク設定を行う

「設定変更」画面でネットワークの設定と、その他設定したい項目を入力し、登録ボタンをクリックします。
端末が再起動するので、起動するまで電源を切るなどの操作は行わないで下さい。

ネットワーク設定は下記4項目から一つを選択してください。
設定については使用するネットワークの管理者へ確認してください。
ネットワーク接続

IPアドレスを自動的に取得する(DHCP)
工場出荷時の設定となります。
IPアドレス指定
端末に割り振るIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを設定します。
次回からの端末設定画面アクセスに、ここで設定したIPアドレスが必要となります。
HomeSeismo取扱説明書の「付録3 端末設定メモ」へ記入をお願いします。
※ 10.0.0.0/8の一部をお使いの場合には、個別の設定が必要となる場合があります。ご使用の場合は までお問合せください。
(フレッツ網)IPv6アドレス自動設定
NTT フレッツ網をご選択の上、本設定を選択してください。
  • 東日本 NGN 光ネクスト・ライト(フレッツ・v6 オプション)
  • 西日本 NGN 光ネクスト・ライト(フレッツ・v6 オプション)
  • 西日本 B フレッツ・ADSL(フレッツ・v6 アプリ)・光プレミアム
フレッツ網(IPv6)に接続していないパソコンで端末設定画面へアクセスする場合は、端末をメンテナンスモードにする必要があります。
ネッワークの設定時に、他の設定も行ってしまうことをお勧めします。
(フレッツ網)IPv6アドレス指定
特別な理由がない限り選択しないでください。
NTT東日本、NTT西日本、どちらのフレッツ網を使用されているかご選択の上、端末に割り振るIPv6アドレス、プレフィックス長、デフォルトゲートウェイを設定します。

シールイメージ
画面はHS302Pベーシックプランです。

設定を行い登録ボタンをクリックすると、設定変更の確認ダイアログが表示されます。
OKをクリックしてください。
端末が再起動するので、起動するまで電源を切るなどの操作は行わないで下さい。
再起動すると、Linkランプは赤や橙の遅い点滅になります。

このページのトップへ

2-6. 端末をネットワークに接続する

パソコンからLANケーブルを外し、外したLANケーブルをHUBまたはルータなどのネットワーク機器に接続してください。
HomeSeismoデータセンターとの接続が確立すると、Linkランプは「緑と橙の交互の点滅」もしくは「緑点灯」になります。
詳しくは「LED(ランプ)の動作について」をご覧下さい。
Linkランプが「緑と橙の交互の点滅」もしくは「緑点灯」にならない場合は、ネットワーク管理者または購入元までお問い合わせください。

このページのトップへ

2-7. パソコンのネットワーク設定を戻す

パソコンのネットワーク設定を戻してください。
また、次の項目である「端末設置」の際にはケーブル類を全て外していただくと楽に設置できます。
尚、端末設置の際には電源を入れないで下さい。
電源を入れたまま端末を動かすと、内蔵地震計が正しく動作しません。
電源を入れたまま設置を行った場合は、端末を再起動してください。

3.端末を設置する

このページのトップへ