緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

VoIP機器との連動

LANdeVOICE

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、VoIP機器のLANdeVOICEシリーズと連動することが可能です。

「放送設備がない」「ホームサイスモの設置場所と放送機器が離れている」等の場合に、LANで緊急地震速報のガイダンスを届けます。

このページのトップへ

放送設備がない場合(複数箇所へ配信)

設定内容

接点出力:放送連動

LANスピーカの「KA02」を使用してホームサイスモの音声ガイダンスを複数個所へ流すことができます。

放送設備がない環境で、複数のフロアに緊急地震速報を流したいときに最適です。

放送設備がない場合(複数個所)の構成例

LAN de VOICE必要機器

放送元端末
"SP401"
マルチキャスト一斉同報サーバ
"MTSV"※1
LANスピーカ
"KA02"
  • ※1 マルチキャスト対応のネットワークで使用します。KA02が1台の場合は必要ありません。

LANdeVOICE構成例

このページのトップへ

ホームサイスモの設置場所と放送機器が離れている場合

設定内容

接点出力:放送連動
放送開始遅延時間:0~30,000ミリ秒
(1秒=1,000ミリ秒)

ホームサイスモの設置場所と放送機器が離れている場合、接点出力のある「SP401」を使用して放送設備に接続します。

ホームサイスモの設置場所と放送機器が離れている場合の構成例

LAN de VOICE必要機器

放送元端末・放送先端末
"SP401

LANdeVOICE構成例

このページのトップへ