緊急地震速報受信機 直下地震対応 地震計内蔵 HomeSeismo ホームサイスモ




  • HomeSeismoユーザページ 新規ユーザ登録(設置場所の登録)とユーザページログイン
  • HomeSeismoアラートサービスチェック サービスを受けることができるかチェック!
  • 最新の緊急地震速報(予報) あなたの家は何秒の猶予があったのでしょうか?
  • ためしてみよう!! 緊急地震速報 緊急地震速報をシミュレーションでためしてみよう!!


地震減災 nippon プロジェクト 訓練カウンター

HomeSeismo製造元/配信事業者
株式会社エイツー
気象庁地震動予報業務 許可番号
許可第98号

HomeSeismoアラート 特許取得済
特許第4465489号
特許第4510128号
U.S.Patent
No.9,366,770(HS302P,HS301)
Israel Patent No.216614
HomeSeismoアラート

「気象庁 緊急地震速報ガイドライン」適合状況について

地震から、自分を守り地域を護る サイスモネットワーク

株式会社エイツーは、緊急地震速報利用者協議会の会員です。

緊急地震速報に関連した「地震防災対策に係わる税制優遇制度」については、内閣府のWebサイトをご確認ください。

気象庁 「緊急地震速報」の受信装置の設置を義務化しているなどと話す業者にご注意ください。

LANdeVOICE
VoIP機器 LANdeVOICE

The British School in Tokyo様導入事例

The case of The British School in Tokyo(English)
「The British School in Tokyo」Webサイト

英語版HomeSeismo 昭和校他 全2拠点導入

英語版HomeSeismoガイダンス

緊急地震速報導入理由

緊急地震速報を導入した理由は、生徒及び教職員へ、地震が到達する前に情報を提供する事により、大きな揺れが到達する前に机の下に隠れる等の避難行動が可能となるためです。
3歳以上の幼児に対しても、揺れの前により良く安全が確保出来るよう期待しています。

HomeSeismo選択理由

ホームサイスモを選択したのは、危機管理アドバイザーからの紹介があったためです。

導入後の取り組み

訓練写真

教職員及び生徒達は「短い猶予時間での安全確保」に対して意識が高くなったと感じます。
また当然ながら、生徒の保護者達は学校が緊急地震速報のシステムを導入した事を喜んでいます。

システムを導入してからは、より現実的な地震の避難訓練を行っています。
地震到達時の安全確保のみならず、地震が収まった後の建物からの避難及び避難中に落下物から頭を保護する訓練も行っています。

また外国人の保護者達に対しては、大きな揺れが到達する前に地震の発生を知らせ、身の安全を確保できる「緊急地震速報」というシステムの存在を知る機会にもなっています。

避難訓練はホームサイスモを使って年に3回行っています。
初めて訓練放送を聴いた小さな生徒達は大変怖がりますが、訓練はとても有益です。
生徒達の対応は段々と向上して行き、「机の下に潜って安全を確保する」退避行動を素早くとる事が出来るようになりました。

このページのトップへ

設置状況

昭和校

設置場所
音声出力
校内放送
接点出力
校内放送(起動/終了)

学校写真
掲示物写真
緊急地震速報の導入を告知する掲示物は、サイスモネットワークより
どなたでもダウンロードし利用することができます。

教育機関導入事例インデックスへ

このページのトップへ